3月11日 14時46分

3月 15th, 2011 コメントは受け付けていません。

我が家は家族全員無事です。


地震が来たとき、私は所用で家を出たところでした。
前を歩く男性が両手を広げ空を仰ぐ仕草をしていたのを見て
「雨かな?」と思い上を向いたら電線が酷く揺れていて・・・
立っていられない程の大きな横揺れが始まりました。

揺れを感じる寸前に主人から携帯に電話が入り
(どうやら主人のいた場所の方が先に揺れ始めたらしいです。)
「大きな地震が来るけど落ち着いて行動してね」と真っ先に言われました。

電話で主人と繋がっているとはいえ、心細くて仕方がなかった時
目の前の民家の壁が崩れ落ちていく様子を目の当たりにしてしまい
怖くて下を向いたら足元のアスファルトにヒビが入っていくのを目撃、
あまりの怖さに腰が抜けました。

揺れがおさまった後すぐに息子を迎えに幼稚園へ向かいました。
ガラスが割れて散乱している建物や大きなヒビの入った建物の前を通りながら
息子の無事を祈っていました。
幼稚園に着くと園児は園庭の中心に固まって防災頭巾をかぶって座っていました。
泣いている子、普段だったら大人しくしていない子もじっと座っていました。
きっと、とっても怖かったんでしょう。
皆、無事でほっとしました。

主人が帰宅したのは22時を過ぎていました。
電話が全く繋がらない状態だったので
両者の両親の無事を確認してからの帰宅でした。

家族が揃ってやっと少しだけ落ち着くことが出来ました。

震源地から遠く離れた街の住人である私でさえ感じた例え様のない恐怖。
被災地の方々の心情は計り知れません。
どうか1人でも多くの命が助かりますように。

Comments are closed.

What's this?

You are currently reading 3月11日 14時46分 at les jours bien-aimés.

meta